業者選びに役に立つ施設・貸しホールに関連した業者をご紹介します。

貸しホールコンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2020年08月18日 [FAQ]

定期的なレンタルスペースの利用について知りたいです。

現在オフィスを都市部に構えているのですが、大半の社員がリモートで仕事をしています。そこで、今契約しているオフィスの広さを半分にし、定期的に貸し会議室や貸しホールを利用して、社員の協業や懇親に利用しようと考えています。
週や月に一回などといった頻度で、同じ場所を定期的に借りるといったことは可能でしょうか?アドバイスをお願いします。


回答

各種施設・貸しホール・貸し会議室によって可能な場合があります。


都心部では、レンタルスペースとして、会議室や作業ルーム、イベントスペース、防音ルーム、ダンスフロア、トレーニングルーム、住宅などが1時間からの短期貸しに提供されています。とくにイベントスペースなどは、新製品発表会や懇親会などで使われることも多いことから、ご利用された経験のある方も多いのではないでしょうか。
貸し会議室・貸しホールも、こうしたレンタルスペースの一つです。ネット上で「レンタルスペース 会議室」などと入力して検索すれば、全国各地の貸し会議室を検索することができます。
詳細に検索を進めると、定期利用でのレンタルに対応している業者も出てきます。こうした物件の中からご自身の希望とマッチするものを見つけ、紹介サイトを通して・もしくは直接定期利用の可否を問い合わせてみましょう。場合によっては会員登録などが必要ですが、多くの場合、1回ごとにスペースを予約するよりもリーズナブルな価格でレンタルできます。
また、定期的に借りることで、レンタルスペースの家主側で便宜を図ってくれることもあるでしょうし、貴社社員の方のルーティーンも作りやすいのではないでしょうか。
多くのレンタルスペースが集まる都市部なら、あわせて貸し会議室でのサービスにも注目してみましょう。プロジェクターなどの備品の無料レンタルや、飲料サービスを提供しているところもあります。ケータリングサービスをうまく活用すれば、パーティなども簡単に行うことができます。
多くの企業がリモートワークを導入しており、ワークスタイルはこれからもどんどん進化していくと考えられています。柔軟なオフィス運営がこの先の新たな経営のヒントになることでしょう。ぜひ、貸し会議室に限らずいろいろなイベントスペースを利用していただき、より効率的なオフィス運営にチャレンジしてみて下さい。

PageTop