業者選びに役に立つ施設・貸しホールに関連した業者をご紹介します。

貸しホールコンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2020年04月23日 [FAQ]

貸し会議室の上手な活用法とは?

お陰様で、会社を創業して依頼年々増益増収で、最近では今のオフィスが手狭になってきて、もっと大きなビルへの移転を考えています。
しかし、毎日私を含めた社員全員が通常業務だけでも手一杯の状況で、移転の準備もできない状況です。
現在は社内に会議室が1つしかない状態で、先日はじめて貸し会議室を利用させてもらったのですが、最寄り駅の目の前で、会社からも近く、思っていたよりも料金が安かったので、今後もどんどん貸し会議室を利用したいと考えています。
それに貸し会議室にはいろいろな備品が揃っていて、大きさも利用する人数によって選べますし、最寄り駅には今回利用した以外にも複数の貸し会議室があることが分かり、これならわざわざ大金をかけてオフィスの移転をするよりも、コスパも利便性もいいのでは?と本気で考えているのですが、今後の参考のためにも、貸し会議室を自社の会議以外で利用する上手な活用法を教えていただけないでしょうか?


回答

多種多様な利用方法があります。


ご指摘の通りに、多くの貸し会議室は駅前などの好立地にあって、豊富な種類の備品が用意されていることから、会議室以外にもいろいろな使い方をすることができます。
良く利用されるものとしては、セミナー会場や講演会場です。
参加人数に合わせて会場の広さも選択できて、はじめての方でも迷わず来場できるということで、多くの企業が自社よりも敢えて貸し会議室を利用しているそうです。
同時通訳のサービスがある場合は、海外からの参加者が多い学会や、国際会議の会場としても利用されています。
経験豊富なスタッフがいる会場や、充実したケータリングサービスを利用すれば、来場者たちを喜ばせることができます。
貸し会議室には控室が充実している会場も多く、事務作業の代行サービスを行っているところもたくさんあって、株主総会やIRイベントなどに活用する企業も増えていて、会社説明会にも多く利用されていて、来場できない学生のために、リアルタイム配信にも対応できる会場もあります。
自社の会議室では手狭な場合は、内定式や入社式にも利用されています。
試験会場や研修会に活用する場合も、場所が分かりやすいということで、当日迷って遅れてくるリスクを回避してあげることができますし、短時間で利用できることから、表彰式やちょっとした勉強などにも便利に活用されています。
静かで広い空間ということで、展示会や新商品の発表会などにも利用されています。

PageTop